--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-11(Sun)

太郎さんの秘密 ?おばあにゃんってどんな人??

 第3期を始めるにあたって、「どんな話にしようかなぁ」と考える日々です。
焦って考えても何も生まれないので、何かがひらめくまでジックリ待つことにしています。

今までに、「何か描かなくちゃ!」と焦ってしまい、必死に制作するもボツになったネタがたくさんあるので・・・orz

 



 




さて、話は変わりますが、
以前、ちょこっと登場していただいた、麻生にゃんのおばあ様こと、「おばあにゃん」↓

おばあにゃん

 この方は、麻生さんの教育係(超厳しい(笑))だったんだそうなんですが、二人の関係について詳しく知りたいな?っと思っていたところ、
 「『太郎さんの秘密』 という本に、おばあ様とのエピソードが詳しく載っている」との情報をゲット。
さっそく本屋さんに取り寄せていただいています。
 とにかく、かなりの国際感覚を持っていた方らしく、きっと麻生さんの人生に大きく影響しているんだろうな・・・と思います。

 松純と同じく、「趣味は麻生太郎」なので、
「書いてある『秘密』全部知ってたらどうしよう・・・(笑)」という恐怖もあるんですが、何かおもしろいことが発見できたらすぐにでもネタに・・・げふんげふん。
 と、とにかく、本が来るのを心待ちにしております。






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

おおお

つづきさんこんばんは!レスありがとうございましたvv
太郎さんの秘密なんていう素敵なご本があるんですか!!?
私も注文しようかな(笑)
おばあ様が、木を切ったというお話が大好きで初めて太郎ちゃんねるでお話を
聞いたときに爆笑してしまったんですが、
ぜひ素晴らしいネタがあったらじみんの日びでご紹介してください♪
いつか、DVD1枚まるまるじみんの日びで埋め尽くして永久保存版にするのが
今の私の野望です☆(勝手にすみません・・・)
これからもがんばってください!

こんばんわ。つづき様。
おばぁにゃんかわいい・・・。
そして木を切った話がきになる(しらないんですよorz

記事に関係ないのですが、かわいいので
姉妹で見ていただきたく↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8409138
愛をかんじますw

太郎さんの秘密、おもしろいですよー!
麻生太郎マニアにはたまらんかったですw
大勇会のエピソードが個人的によかったですね。

第三期楽しみにしています!

お返事

>>ちびさん
 コメントありがとうございます。あ!ちびさんも注文なさるのいいじゃないですか!一緒に読みましょ!(^^)
そうですね、私も木を切り倒した話しか知らなくって。あぁぁ・・・もっとエピソードが知りたい(笑)

 
 ちょ・・・っ、そんなことしてたんですか!(笑)
え、ほしい!(コラ)

>>シルバーラビットさん
 コメントありがとうございます。

 




 確か、麻生さんが子どもの頃、夜、帰りが遅くなってしまった時の話。
 麻生さんはおばあ様に叱られるのを恐れて(超厳しかったらしいです)、玄関からではなく、庭に植えていた木をよじ登って二階の窓から家に入ろうとしました(可愛い!笑)。 


 がんばって木をよじ登り、「さて入ろうか」と思ったのもつかの間。 なんとおばあ様が二階の窓で待ち構えていたのです!

「降りな。」

 恐々、木から下りた麻生さん。その晩は奇跡的におばあ様には叱られなかったそうですが、
 
 翌日、その木はおばあ様の手によって切り倒されていた・・・。


 


 みたいな内容だったハズなんですが、間違ってたらスミマセン!


 動画見ました~(^^)すごい!この地道な作業の繰り返し・・・。もう涙が出そう・・。麻生にゃん達をこんなに愛して頂いて、本当に嬉しいです。ていうか、これ、ほしいです。

>>mさん
 コメントありがとうございます。
あ、mさんは読んでらっしゃるんですね!
大勇会(さっき“大誘拐”って変換されました・・・orz)のエピソード!うわぁ何ですかそれっ!!??教えてください!!(落ち着け)

まさに新じみんの日びの第六話ですよ!
「俺が冷や飯の旨い食い方教えてやる」って言って松純をはじめとした若手を大勇会(そのまま変換するとたしかに大誘拐w)に連れて行った話です。
思想は違えど、麻生さんは河野洋平さんからかなり可愛がられていたみたいです。
あと麻生さんの若いとき(幼少期も)の写真が多く載っていますよ!
とってもチャーミングですよw

今は絶版してないと思うので、図書館で借りられる状況にあったら「おじさん改造講座3」という本を是非読んでみてください。
19年くらい前の麻生さんや中川さんたちが出ています。

「おじさん改造講座」なんと懐かしい!
週刊文春で連載していたのを、リアルタイムで愛読していました。
確か文庫にもなったはずですが、もしかしたらブクオフ辺りにあるかもしれません。

該当するPart3のサブタイトルは 『常務の野望』。
たぶんこの頃が一番面白かったと記憶しています。

はじめまして

はじめまして。じみんの日びに、いつも泣かされ笑わされ癒されております(笑)
今やすっかり政治カテゴリの癒しの場として定着してきましたね。

おばあさまのエピソードは私も大好きです。特に好きなのは、「国際感覚の無い国民を持つと陛下も苦労なさる・・」と言うあれです。
なんとなく、今の国民も似たような感じがして。過去に学ばなきゃならないことがたくさんあるなぁ・・・と。
おばあさまのエピソードは大好きですが、太郎ちゃんねるで見たくらいしか知らないので、いろんなエピソードが見てみたいです!
皆さんのコメントを拝見していると、自分は外務大臣以降の麻生さんしか知らないなぁ~というのに気付いて、遡って色々調べたくなりました。
読書の秋に、麻生太郎を発掘してみたいと思います!(笑)

おばあにゃん楽しみです!

こんばんは。いつも有難うございます。
おばあにゃんの にやっ 最高です~。
もうとっても楽しみです
(でもプレッシャーに感じずゆっくりと書いて下さいね)。

多くの人が、おばあちゃんとの思い出は、
ちょっと悲しく切なく懐かしく温かいものがあると思います。

私など、ドラエもんのお話のなかで、のび太とおばあちゃんの
エピソードを読むといつも泣いてしまっていました。

お返事

 >>mさん
 コメントありがとうございました。あ、そうだったんですか!
あちゃぁ・・・じゃぁ、まるでテストの答え合わせする心境で本読むことになりそうですね(笑)チ・・・っ、チャーミングな幼少期!子太郎が出るんですね・・・!子太郎の可愛さはハンパないですよね。

 「おじさん改造講座」ですね。はい!また今度探してみます。すばらしい情報ありがとうございます。

>>越中さん
 コメントありがとうございます。
結構読んでる方多いんですね!私は麻生ファンの新参者ですので、まだまだ知らないこと多いんです・・・(汗)あぁぁ、近所にブックオフがないぃぃ(地団太ダスダス)

>>Payさん
 コメントありがとうございます。
あ、私もその話知ってます。おばあ様格好いいですよね~。
はい、何か掘り出しものあったら教えてくださいね(^▽^)v-238 

>>一児の母さん
 コメントありがとうございます。あの映画は反則です・・・。もう思い出しただけでも涙腺がぁ・・・。でも、子太郎が
「おばあちゃんなんかあっち行け!」
とかいった日にゃぁ・・・・(ゾゾゾ・・・)

はじめまして。
いつも楽しく「じみんの日び」シリーズを拝見しております。

『父 吉田茂』(麻生和子著・光文社知恵の森文庫)を再読しておりましたら、
おばあにゃんのモデルであらせられる夏子刀自のお写真を発見致しました。
目元が麻生さんによく似た、きりっとしたお方です。

wikiで麻生太郎の項から遡っていくと夏子刀自は加納という名家の方で、
つくづく麻生太郎という方は華麗なる一族なのだと改めて知ることが
できました。おばあにゃんという良いキャラを用意して下さったおかげと
感謝しております。

『父 吉田茂』は『麻生太郎の原点 吉田茂の流儀』と重複するところも
多く、また麻生太郎ネタはほんの少しなのですが、和子夫人もネタ満載の
大層面白い方ですので、機会がございましたらぜひご一読下さいませ。
(和子夫人が先帝陛下に拝謁を賜るとき、部屋の中で頭を下げながら進む
方向を間違えてしまったために顔を上げたら壁の前に立っていたとか…)

あと『レジェンド 伝説の男白洲次郎』(北康利著・朝日新聞出版)に
白洲さんが麻生さんに伝授した女性にもてる秘訣というのがありました。
「金払いはよくしろ、明るく振る舞え、特定の女とばかりしゃべるな」
そして最後に「言い寄られたらノーと言え」――恰好よすぎですね。
これで麻生さんも婆さん芸者にモテモテだったのでしょうかw

コメント出遅れた上に長々と失礼致しました。
これからも更新を楽しみにしております。

お返事

>>かりんさん
 コメントありがとうございました。なるほど・・・おばあにゃんは、父方の祖母の方だったんですね。貴重な情報ありがとうございます。 かりんさん詳しいですね・・・!

確かに、おじい様と結構正確似てますよね。さすがは孫(^^)
いつか、おじい様も描きたいです・

 
 言い寄られたらノーと言え・・・!格好良い!
麻生さんは以前、
「俺は若いあんちゃんにはモテるけど、若いねえちゃんにはモテないんだよなぁ~アハハ」
みたいなこと言ってましたが、イヤイヤ、格好良すぎですからね。
私は選挙権のない小娘ですが、メロメロですからね(笑)


いえいえ、全然かまいませんよ(^^)
コメントありがとうございました。

持ってるとばかり・・・

『太郎さんの秘密』私も持ってますv-218
実は、私がこの本を買ったきっかけは「じみんの日び」だったんです。

なので、てっきりつづき様もこの本を持っているんだと思い込んでました。
ニコ動の市場にあったような…(笑)。

お返事

>>しひろさん
 コメントありがとうございます。
恥ずかしいことに、まだ持ってないんですよ~・・・(><);;
「ネタの宝箱」みたいな本なんでしょうね。読むの楽しみです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
麻生にゃんのツイッター
日本奪還バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。