--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-13(Wed)

寒いですね・・・!

元気です。
 「よ!元気かい?」


 最近は、悩んでばかりの日々を送っております。
「政治」という、この複雑で、深い世界を、一体どう理解し、どうやって頭の中で消化し、そうして生まれたエネルギーをどこに向ければ良いのか、真剣に悩む日々です。
 
 5日くらい前になりますが、私の知っている友人の中で、もっとも知識豊富な人と、久々に電話で話をする機会がありました。
彼が言っていたことを要約すると、
「情報源は一つに限定しない方が良い。自分の中で作り上げた偏見にとらわれず、常に、情報を色んなところから集められるようにアンテナを伸ばすことが大切。」
という感じ。
 
 また、「自分の意見を持つことが大切」ということも教わりました。
彼は私に、
「自分の情報のソースをたどっていくと、その大部分が『みんなが言っていたから』ということに行きつくことはないか。
 じゃぁ、『みんな』とは何か。その『みんな』の情報のソースも、『みんなが言っていたから』ということは、ネット上ではよくあることなんだ。
 僕は、君に(私のことです)『私はみんなの代表でこう言っているんだ』という気持ちになってほしくない。『全体の代表』としてではなく、僕は『君自信の意見』を聞きたい。」
と言いました。(思えば、私の情報源はもっぱらネットです・・・。)

 私は、この言葉に大変衝撃を受けました。そして、それと同時に、私がいかに勉強不足だったかを思い知り、反省と、恥ずかしさがこみ上げてきたのを感じました。

 
 

 政治は、複雑で、とても深い世界です。
「はたして私のような人間が、正確にこの世界へ歩み寄っていくことは、はたして可能なのだろうか・・」と、真剣に考えています。


 

 

  




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

自分が知らないということを知ってるのが
一番大事なことだとおもいます。

情報というのは、場合によっては「だれかの都合にあわせて」流される場合も、現実の世界としては間々あること。
本当にそれが嘘か真か、知りうること自体、簡単なことではないと、わたしも様々な情報にふれて感じずにはおられません。
真実にふれる機会なんて、たとえ一緒に住んでいる人間の情報だとしても、本当に稀にしか得られません。

あと、ひとつ言うならば
「読んでない本の感想文(自分の思ったこと。考え)は書けない」ということです。
別に情報を得る場所はネットだろうが、新聞だろうが、テレビだろうが、近所のおばちゃんだろうが、なんだっていいのですよ。

一番大事なのは
「知った情報をどのように判断し、扱うのか」ですから。

ただ、まぁ、判断するためには知識が必要で、
知識を集めるにはさまざまな側面からの目というのももっておくのが良いとおもうので、私もその方に同意致します。

別に勉強不足を恥じる必要なんて、ないんですよ。
大の大人だって語るのがむずかしい世界ですし、なにより
政治だけで政治を語るには、政治というものは色々なものにつながりすぎてますから、はなから無理がございます。

まずは「自分は知らない」このことを知っていれば
いくらでも知りようがございます。
「情報の良し悪しを判断する能力がない」その自覚をもつことが
判断を行えるようになるための第一歩です。
かたく考えることはないですよ。

つづきさんはつづきさんの心のまま
たくさんのことを知っていって、
感じて考えて想えばよいとおもいます。

まぁ・・

えらそうに書いてますが、この文章はまんま偉そうにここにコメントしている
自分にもブーメランが決まる一撃ではございますw

社会は自分の鏡などといいますが、まさにその通りでございますね。

私も精進致します。

人生、ずっと勉強です。がんばれ!

私は52歳です。長い時間生きてきても、日々、驚くこと・考えさせられることがいっぱいです。一つのことにとらわれ、周りが見えなくなる危険は常にあります。正しいことなんて、実は無いのかもしれない。そんなときには、一生懸命考え勉強して自分に自信を持ってください。

私の父は新聞記者でした。父のことが大好きで尊敬していた私は、子供の頃から気になった記事を切り抜いては読み返していました。そんな私に、父は『新聞にしろテレビにしろ、報道と言ってもその会社の思想やスポンサー、はたまた記事を書いた人間の心情など、発信者のバックグラウンドが影響を及ぼし時として真実ではないことがある。書いてあることをうのみにしてはいけない。自分で考えて判断しなさい。』と話してくれました。まだ、子供だった自分はその言葉の意味をよく理解できなかったけど、大人になって様々な事象に遭遇するようになって父の言葉が理解できるようになりました。

今の世の中、私にとっても不可思議なことばかりです。戦後、一生懸命働いて生きてきたごく普通の国民の価値観がひっくりかえされているように思います。それを、良しとするか悪とするかは、人それぞれの思想によるのでしょう。でも、どうしても譲れられないもの、譲ってしまってはいけないものがあると思うのです。
今の政治について、たくさんの人々が意見を言い、多様な切り口でブログが書かれ動画もUPされてます。『じみんの日び』がみんなに受け入れられてるのは、不安のあまり心が折れてしまいそうな時に、優しい絵柄で愛情をこめて、政治家を血の通った者として私たちに紹介し安らぎを与えてくれてるからだと思います。私は、『じみんの日び』が大好きです。

若いあなたが真剣に政治を考えている、それだけでも素晴らしいと、初老の私は嬉しく思います。大丈夫!みんなで考えて勉強していこう!!その先には、きっと明るい日本があると信じましょう。

大丈夫ですよ

いろいろ悩まれているようですね。

私は今までの経験から情報はいろんなところから得られるけど動解釈するかは自分の判断。
いいこと書いててもなにか違和感があったら徹底的に調べて違和感の正体を突き止め、答えを出すをモットーにしています。
(だからみんながいいって言ってたものが素直に受け入れられれば
私もそれが良いと思うし、違ってたら偏屈といわれても私は違うなーと言う)

違和感があるか、無いかってのはその人の育ってきた環境とか
いろいろあるから人それぞれなのではないかなって思います。
必要なのは、もし間違っているってことがわかったらそれを素直に認め、修正する心だと思います。

世間の評価が麻生さんをだめって言っても、私が信用できるって思ったのは、
今までしてきたこと(小泉改革)の間違いと思われる部分を素直に認め、
それを改善するって姿を見せてくれたからです。

今自分のしたことが間違っているかどうかって考えるより
今の自分で大丈夫、そして、また新しいことを知って進化してるよ自分、って思えばいいと思いますよ。
間違っているってことがわかったらそのとき修正すればいいだけですから。

だからつづきさんも、
今の自分が素直に感じることをそのまま
みんなに伝えればいいと思います。
不勉強なんてことないですよ。
(私も、政治難しいって私も思っていましたが、
つづきさんたちの作品を見てここまで政治家って身近にかんじられるんだっておもいました。)
そこからみんなが何かを得てまた何かを考えていければとても素敵な世界だと思います。
あなたの作品にはそれを可能にする力があるから大丈夫ですよ。

しつこくすいません。

ネットでの、「だれかが言っていたから」の伝言ゲームというのは、そこに書かれている情報で満足してしまう性質の方に起こります。

「ネットは基本、嘘が書かれている」
という気持ちで情報に触れ、真偽を確かめるべくさまざま調べたり、考えたりして使えば、ネットは便利な「道具」のひとつなのです。

ネットが情報源だから、だめだ、ということじゃないんですよ。
ネットだろうとなんだろうと、そこにリテラシーをもって触れる自分こそが大事になるとおもいます。

だから、そのご友人さんの
「ネットには多いんだけど」というのは、ネットが情報源だからアウトってーことじゃないとおもいますよん?
そのような罠におちいってる方が多いのは確かですが、
そんなのは表立ってないだけで、ネット以外にもよくある風景です。

(ただのちいさな本屋の本の並びがおかしい、とかそーゆう違和感も感じたりありますし、これは私の個人的な感想ですがw

どうかそこは変に気に病まれないでくださいねー

落ち着いて考える時間?習慣?

以前は出来るだけ多くの情報を集めようと集めることだけに一生懸命になっててその一つ一つの情報について考えてみることをしていませんでした。常に焦ってる感じで何事にも一つ先もう一つ先の事が頭にある状態で今の行動をしていました。自分だけが焦ってる感じです。
それでは何にも得ていませんよね。
昨年の秋頃から爆発的に読書を始めました。無性に本が読みたくなったんです。今までで一番たくさん読書してると思います。
読書は集中して一つの物事をじっくり考える習慣を付けてくれたのかな?日常の中でも近所に神社があって神社の森の横を通っています。
通勤途中もそこを通るのですがとても良い気分の切り替えが出来て一日の始まりに心を落ち着けられる時間になっています。

丁度大量に本を読んでたのと同じ時期に『じみんの日び』を見付けて本気でティッシュの箱を抱えて泣いて椅子に座っていられないくらい笑ってパソコンにかじりつくようにドキドキワクワクしています。
『いつも笑顔で居よう』という言葉にどれだけ励まされているか。
辛くて下を向きそうになった時にはこの言葉を思い出しています。

応援してます。

私も同じ事で悩んだり考えたりする時間が多くなりました。
出来るだけ沢山のソースを集め、反対派の意見も見るようにしています。
時々自分が間違ってるんじゃないか?自分がおかしいと思ってる反対派が実は正義だったら?釣られているのでは?大好きなあの人にも黒い影があったら?と、心が折れそうになる事があります。

けれどやっぱりどう考えても麻生さんや中川さん(他のじみんの幹部さん達)が間違ってたとは思えない。
それはどんな時も真摯にお仕事する姿を見ていたから。

愛国姉妹さまの動画はとっても愛が溢れてますよ。
だいすきです。
これからもいろんな事を吸収して大きくなって下さいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お返事

 大変お返事が遅れてしまい、申し訳ありませんでした(汗)

>>しるばーらびっとさん
 コメントありがとうございます。「知らないことを自覚すること」が、何かの知識を吸収する上でのスタートラインに立つことになるんだなと分りました。いつも温かいコメントをありがとうございます。とても励みになりました。

>>香代子さん
 コメントありがとうございます。失敗を恐れず、とにかく自分なりのアクションを起こしていくことって大切ですね。なんだか元気が出てきました。
 「政治関係を扱う以上は、絶対に失敗はできない」という強迫観念のようなものにとりつかれて、気がついたら、精神的に一人ぼっちになっていました。温かいコメントありがとうございました。なんか元気出てきました!

>>satosukeさん
 コメントありがとうございます。
ずっと以前に、「論語」にハマっていた時期があるのですが、satosukeさんのコメントを読んでいて、論語の中に、
「一番の失敗は、失敗を改めないことだ」
と書いてあったのを思い出しました。最近、私がすっかり忘れていた大切なことです。
 温かいコメント、ありがとうござます。また頑張れる気がしてきました。

>>七さん
 コメントありがとうございます。
七さんのコメントを読ませて頂いて、「私自信が、いつも笑顔でいること」も、作品をつくる上で大切なことだったのだなと気付かされました。なんだか元気が出てきました(^^)ありがとうございました!

>>もにょ さん
 コメントありがとうございます。皆さんからのコメントを読ませて頂いて、私と同じような悩みを抱えておられる方がたくさんいらしゃって、正直ビックリしました。それと同時に、私だけじゃなかったんだな・・と安心感も出てきました。
 はい、これからも、不器用なりに情報を吸収していきたいなと思っています。温かいコメントをありがとうございました。

>>たろいちさん
 コメントありがとうございます。
いえいえ。全然そんなことありあせんよ(私の文章力の方がヤバイです・・・orz。)
 丁寧で、温かいコメントをくださって元気が出てきました。本当にありがとうございます。これからも、私なりに出来ることをやっていきたいと思います。

>>こももんさん
 コメントありがとうございます。
疑問をもったら徹底的に調べておられて尊敬してしまいます。私もこれくらいのガッツがほしいです。
 不器用でも、自分なりに情報を吸収していこう、と勇気が湧いてきました。

>>ぽっさりさん
 コメントありがとうございます。
高校生の方なんですか。お若い~(^^)
 去年の総選挙の時、選挙権がなかったため地団太を踏んで悔しがった思い出がありますが、「若いときに政治に興味を持つことって大切なんだろうな」と、最近そう思えるようになりました。
 高校の時、もっと「現社」を勉強しとけばよかったぁぁ!と政治にハマってからめっちゃ後悔しました(汗)

 温かいコメントをありがとうございました。なんだか元気が湧いてきましたよ。
 同じ学生同士、これからもがんばっていきましょう(^^)

>>きまーねさん
 コメントありがとうございました。あわわ・・・っ、本当にスミマセン(><)
 ありがとうございます!後で見てみますね(^^)

>>一児の母さん
 コメントありがとうございました。はい、元気ですよ!ご心配おかけしてスミマセンでした。温かいコメントをありがとうございました。
 ハンドル名のせいか、一児の母さんが、なんだか自分の母ちゃんみたいな感じがします・・・(実際初めてコメントを読ませて頂いたときも「母ちゃん!?」って思いましたから・・・(笑))
 えっ、そんな萌えな雑誌が・・・!?うわぁ読みたいです(><)
ほんと閣下って可愛いですよね~(^^)

>>おでんさん
 コメントありがとうございました。
そう言っていただけると嬉しいです。おでんさんのような方からのコメントにとても支えられています。
 はい、なんだか元気出てきました(^^)ありがとうございます。なんだか頑張れそうな気がします。


 
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

待っています

私は30代の女性ですが、わたしだってまだまだ知らないことばかりです。ただ、近年はやっといろんな角度から考えてみる、ということにも慣れてきたかなーという感じです。情報源も多くはネットが多いですが(笑)どの情報源であってもメリット・デメリットはありますから、取捨選択をして自分に必要な部分だけ残して少しずつ吸収していけたら良いですね!若いんだからまだまだ大丈夫ですよ!今、貴方がそれに気づいた事は幸せなことだと思います。大人になってもそれが分からない人のなんと多いことか・・・(苦笑)いいお友達を持って良かったですね!そしてそういったアドバイスを素直に受け止めて自分のあり方について考えた貴方も素晴らしいと思いますよ!

難しいこと、悩みも沢山あると思いますが、負担にならない程度にまた新しい作品を生み出してもらえると嬉しいです。私はニコニコで貴方の作品を知り、一気に見てたくさん笑ってそして本気で涙を流しました。それまでもある程度は政治関連のニュースを見ていたつもりですが、この作品で初めて本当にもっと勉強しなきゃ、と思えた気がします。

いろいろ悩まれているようでございますねぇ
世に作品を出される立場としては特に大変だと思います。
大体のことは皆さんが書かれていることと、同じになってしまいますがネットは情報チャンネルの一つとしてみることがいいと思います。
ネットが集合知であるから正しいと言っている人もいますが、多数派の意見で方向性が定まってしまう場合が多々あるので少数派の意見は抹殺されてしまう傾向があります。
福田元総理の評価が今上がってきたこともいい例です。
僕もネットの意見とは違う時はよくあるんです。でもめんどくさくて議論しない場合もある。

基本的には情報は一歩引いて見る、またリアルでの意見(マスコミに毒されてない)にも耳を傾けてみると違った視点で物を見る目が養われるかもしれません。
ネットの意見を妄信してる人とマスコミの意見を妄信してる人はベクトルが違うだけで本質は同じであると思います。
まずは自分で考えることが必要ですね。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

是非もっといろんな考えお聞かせください

はじめてコメントさせていただきますが
以前からずっとじみんの日びが大好きでした

私は若く学歴も低いのですが
ニュースを見ていたり
家族が左よりの思想だったこともあって
だんだん「一方的に政治の話をされると何が悪いのかわからなくなってきた」と感じて自分でいろいろ見聞きしたり調べたりするようになったのですが
どれだけひとつのことに対していろんな情報を仕入れたとしても
プロの評論家ではありませんからどうしても
好きな情報だけを仕入れたり信じたり肩をもったりしてしまいますし
収集する情報にも偏りは出てきますし
今回のブログに書いてらっしゃるような壁にもぶちあたったりするかとおもいます

けれども、どんな形であれ
「政治のことに興味持ってるなんてとっつきにくい」「そんなのかっこつけてるだけ」「え? 政治? そういう話無理なんだけど」
とか言うのが若い方にけっこうある風潮の中
好きになって、少しでも知ろう
素敵な政治家がいたり、共感できる政治家がいたら応援しよう、人にも広めよう
と思う人が一人でも多くいてくれることのほうが
よいことのように思えます


>「はたして私のような人間が、正確にこの世界へ歩み寄っていくことは、はたして可能なのだろうか・・」

とおっしゃってますが
歩み寄り方は人それぞれ
これだけ自由を認められ保障されている国にせっかく生まれて
政治の世界に興味も持たず歩み寄る機会もないなんて、そちらのほうがもったいないし寂しいことではないでしょうか

有権者一人一人が、政治にいろんな興味を持っているのは
私はよいことだと思います

好きだと思うことを調べることからいろんな可能性が出てくると思うので
つたない応援しかできませんが
できればこれからも頑張ってください

お返事

 たくさんの方に大変ご心配をおかけしてしまい、申し訳ありません。温かいコメントをありがとうございます。
私は元気ですよ~(^u^)☆☆
 ただいま、大学のテスト勉強と奮闘しているところです。ひと段落ついたので、お返事させていただきますね。

>>おでんさん
 コメントありがとうございます。素敵な動画を紹介してくださってありがとうございます。以前、こちらの動画は姉と一緒に拝見させていただいたことがあります。私の麻生さんへの印象が大きく変わる決め手になったといえる動画です。本当に格好良いですよね・・・❤
 はい。あまり無理をせずに気楽に頑張っていきたいと思います。
ありがとうございます(^^)


>>yukiusagiさん
 コメントありがとうございます。
はい、とにかく自分の心にプレッシャーにならない程度に、楽しく作品が描けたらいいなと思っています。現在、なかなか麻生さんに関する最新の情報が得にくい状態にありますので、ネタ集めが大変です・・・(汗)。
 でも、政治色を極限まで削って、なおかつ政治に興味を持てるような作品をめざしていますので、そんなに「最新の麻生さん情報」を盛り込もうとやっきにならなくてもいいかもな・・・と考えたりもします(^^) 「なるべく日常生活中心で行きたいね。」と、姉ちゃんと話し合っています。

>> リノ♪さん
 コメントありがとうございます。
はい、最近はTVを見る時は一歩引い目線で見るようにしています。
近頃は小沢さんのニュースばっかりですね・・・。
 しっかり騒いでもらった方が、民主不審に繋がるんだろうけど、やっぱり延々とTVに映ってる小沢みるのは正直キツry   
。・゚・(ノ∀`)・゚・。

>>しるばーらびっとさん
 コメントありがとうございます。
 いつも心のこもったコメントをありがとうございます。最近ちらっとそのことも考えたのですが、私自身、ここの掲示板での励ましコメントにとても精神的に救われていますし、せっかく出会った皆さんとの「御縁」のようなものも大切にしたいなと思っていますので、まだまだ続けようと思います。
 「重荷」だなんて、そんなこと全然思ってませんよ。むしろ、私が勝手に抱え込んだものを軽くしてもらっています。

 しかし、しるばーらびっとさんのコメントも、貴重なご意見として心にとめておかせていただきます。ありがとうございました。

>>招き星さん
 コメントありがとうございます。
そうですよね、好きだと思ったものは、どんどん調べるのが一番ですよね。勘違いや失敗はあるかもしれないけど、迷わず何かに熱中するのって多分良いことだと思います。問題は、失敗に気付いた時にどうするかなんですから・・・。
 政治に気軽に興味を持ってもらえるように、こらからもがんばります(^^) 温かいコメントをありがとうございました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
麻生にゃんのツイッター
日本奪還バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。